債務者を救済する手段債務整理 笑顔で生活できるようになる方法

自己破産を行った場合はどうなる

債務整理とは借金の返済が困難になってしまった人の金利の軽減や全額免除などをすることで債務者を救済する手続きを言います。

債務者の救済処置ではありますが、助けてもらえるだけではなく自身にとっても、飲まなくてはならない条件というものもついてきますので、今後の人生設計を見直した上で、しっかりと制度の内容を把握してから債務整理を行う必要があります。

債務整理を行うと今後の数年間はどこからも借金をおこなうことが不可能となりますので、車や家のローンなども組むことができなくなります。
借金の返済ができない状況を救済するのですから、当然といえば当然ですが、制約がついてまわるといったことも理解しておく必要があります。

また、債務整理の中でも、自己破産を行った場合の殆どはローンが数年は組めないといった軽いものではなく、一生ローンは組めないと考えておく必要があります。

借金の返済をまったく行わなくてもよくなるかわりに、それなりのリスクも背負わなくては自己破産はおこなうことができませんので、安易に現状が苦しいからといって、簡単に自己破産をおこなうことは避けた方がいいと言えます。

自己破産を行わなくても、債務整理の殆どは、返済を目的とした救済処置を選ぶことが可能なのです。