債務者を救済する手段債務整理 笑顔で生活できるようになる方法

契約書がなくても過払いが可能な場合

借入をしたのがかなり昔の事で、契約書なんか失くしてしまったという人もいると思います。契約書がないから過払いは絶対無理ともいいきれません。

その理由についてですが、取引をしていた金融機関など大まかな事が分かっていると、弁護士はあなたに代わって、過払いに必要な取引履歴の開示を要求してくれる事でしょう。

その結果、無事に消費者金融が応じてくれたのであれば、その履歴を元にして過払いの金額を弁護士が計算して、再度消費者金融に対して過払いの支払を要求する事ができます。

法律家としての資格を持つ人が過払いを行っても、すぐに対応しない消費者金融もある様で、その場合には時間がかかったり、うまくいかないという事もあるそうです。