債務者を救済する手段債務整理 笑顔で生活できるようになる方法

個人再生なら司法書士と弁護士どちらがよいか

法律の専門家である弁護士と司法書士には、業務の役割に違いがあります。

債務整理には、任意整理、自己破産、個人再生、特定調停という4つの手続きがありますが、任意整理に関しては、司法書士には取り扱える金額に上限があり、自己破産や個人再生は書類作成のサポートまでしかできないという制限があります。

ただ相続に関する問題があがったとき、相続登記については、司法書士の専門分野となっているので、それぞれに相談するメリットがあります。

借金の返済に困った場合には、債務整理という手段がありますが、個人再生は返済を続けていくことができることが前提ですから、安定した年収があることが条件となります。